カラ―について

市販のカラ―と美容院のカラ―と何が違うの!?違いを知ってオシャレを楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
市販カラ―と美容院カラーの違い。可児市の美容院、美容室KaLeが

最近お家でのセルフカラ―派の方が大変増えています。

カラ―の種類も増え、市販のカラ―でも様々な色味を楽しむことができるようになり、又、美容院でのカラ―よりも経済的に優しく、何よりも好きな時間にカラ―をできるようになりました。

これだけ進化してくると、『市販のカラ―剤でも良いのでは!?』と思うところ。

実際、市販のヘアカラー剤と美容院のヘアカラー剤は、なにが違うのかまとめてみます。 

市販のヘアカラーと美容院でのカラ―の違い

セルフカラーの良い点

1、経済的にやさしい

これは皆さん十分感じていると思いますが、コストをかけずにカラ―を楽しめるという点においては、市販のカラ―はとても良いですよね。

2、好きな時間に、急にカラ―しなくてはいけない時に染められる

日々何かと忙しく、サロンに行くことができない場合、又、急な冠婚葬祭などで美容院へ行けない場合などは大変助かります。

3、美容院では好みを伝えにくいが、ホームケアはじっくり選べる

美容院ではなかなか希望を伝えられないと悩んでいませんか?

これは私達にも非は大いにあると思いますが、出来る限りご要望やお悩みをお聞きします

ご要望を是非お聞かせください。

また、ご来店前にネット等で検索して、なりたい自分のイメージを膨らませてお伝えいただければ幸いです。

セルフカラーの問題点

1、髪を傷めてしまう

最近の市販カラ―剤もトリートメント効果が強くなり、以前程の傷みはでにくくなりましたが、市販カラ―はどなたでも染まりやすくするために、薬剤の力が強いように思われます。

ご自身の髪に関しては十分にご存知だと思いますが、根元と毛先ではダメージ具合が違います

黒髪を明るくし、色味をだす程の薬剤の力は毛先には必要ありません

また、きちんとカラ―塗布後の時間も考えないと、髪はどんどん傷んでしまいます

2、頭皮トラブルが起りやすい

上記した様に、市販カラ―剤は薬剤の力が強めです。

そのため、保護成分が入っていても頭皮は乾燥しやすくなります

乾燥した頭皮はトラブルが起りやすくなります。

また、放置時間はきちんと守っていますか!?

時間超過すると、頭皮トラブルの可能性は大幅にアップします

また、放置中に家事をされるお話を聞きますが、屋外にはでないでください。

日光により薬剤の促進が加速すると、頭皮トラブルになる可能性が高くなります

3、洗い残しが起りやすい

通常のシャンプーでもご自身でされる場合、洗い残しが多々みられます。

薬剤の洗い残しは大変危険です。

必ず2度洗いし、流し残しがないようにしましょう。

4、染まりムラができやすい

どうしてもセルフカラーの場合、色ムラになりやすくなります。

髪の短い方や、お手伝いしてくれる方がいればよいですが、どうしても塗布ムラができたり、塗布に時間がかかるとムラがでやすくなります。

美容院でのカラ―の良い点

1、傷みがでにくい

残念ながら傷みがゼロということはありませんが、髪質やダメージ具合、既染部の状態を見極めながらカラ―を選定しているので、傷みを最小限に抑えることができます。

サロンで美容師が

『根元は~、中間から毛先は~で』とか、『~%で』

と言っているのを聞いたことがあると思います。

よくお客様に『暗号?』とか『呪文?』と聞かれますが、決して怪しい会話ではなく、髪の状態を見極め、最適な薬剤を選定しているのです。

この見極めのあるかなしかで、カラ―の仕上がりは大きく変わってきます

2、頭皮トラブルが起こりにくい

頭皮の状態を把握し、ヒアリングしながら施術するので頭皮トラブルが起こりにくくなります。

また、通常カラーをするのか、お肌に優しいカラ―やマニキュアにするのか、または施術を控えるのかをその場で判断することができます。

さらには、きちんと中和処理をしたり、炭酸の力を用いて残留の可能性をなくしたり、ヘッドスパをすることにより適切なアフターケアをすることができます。

3、仕上がりが綺麗

髪の状態を見極め適切なカラ―剤を使用するので、根元から毛先まで綺麗に仕上がります。

また、ポイントでカラ―の色味を変えたり(ハイライトやローライトなど)、グラデーションカラ―など、よりカラ―を楽しんで頂くことができます。

また、カラ―前に髪のケア剤を使用することによって、より美しい艶やかな色味を楽しんで頂けます。

美容院でのカラ―の気になる点

1、コストがかかる

市販のカラ―剤でのセルフカラーに比べるとコストはどうしてもかかります。

しかし、上記したようなメリットを考えると、市販カラ―剤プラスαであると感じて頂けると思います。

2、放置中に家事はできません

当然ですが、放置中にお家に帰って家事をすることはできません。

普段抱えている頭皮や髪のトラブルについて美容師に質問したり、会話を楽しむ、または、お好きな雑誌を読みながら情報収集をしてお楽しみください。

美容院がやむを得ず行く場所ではなく、楽しんだり癒しの空間となっていただければ幸いです。

3、美容師に色々相談しにくい

これは美容師の責任です。

万が一相談しにくい雰囲気であれば、是非とも一言お伝えください。

私達美容師は常日頃、より良い施術ができるよう、また、お客様により輝いていただけるよう日々情報収集しています。

是非、身近なアドバイザーとしてご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カラ―でもパーマでもそうですが、施術して美しくなるのは、あくまでもダメージが気にならず、艶と潤いが感じられるからこそです。

適切に市販カラ―と美容院カラ―を使い分け、潤いと艶のある美しいあなたを演出してくださいね。

 

美容院KaLeからのお願い

ご来店頂いてから私達と一緒に、どのようにカラ―をするのか決めて頂くのは大歓迎ですが、グラデーションカラ―、ハイライトやローライト、ポイントごとのカラ―チェンジ、脱色してからのカラ―チェンジを考えている方は、ご予約時にその旨をお伝えして頂ければ幸いです。

予約によっては残念ながら対応しかねることもあります。

岐阜県可児市の美容院KaLeの電話又はネット予約はこちらからどうぞ。

この記事が気にいったら『 いいね』してね♥
いいね!しよう

Twitter で

あなたの応援で育ててくださいね

コメントを残す

*