MAN

フケってなぜでるの!?フケの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フケってなぜでるの!?フケの原因と対策

洗っても洗ってもでてくるフケ。

髪や肩にフケがついていたら、あなたが会う人に不潔な印象を与えてしまうので、とても深刻な状況といえます。

自分でも気になり、常に意識がフケにいってしまうのも大変です。

フケの原因として、頭皮の機能の低下が影響している可能性があります。

原因と対策を知ることで、清々しい生活を送りましょう。

フケの正体

フケは古くなった頭皮の細胞

『フケ』というのは、頭皮から古くなった角質が剥がれたものです。

フケは新陳代謝(ターンオーバー)によって頭皮に存在する角質細胞が剥がれたものです。

これは誰もが起こることなのでフケが発生すること自体は普通のことです。

しかし、頭皮が健康に保たれていないと、ターンオーバーが上手くいかず、表皮細胞は塊のまま剥がれ落ちてしまい、大量に発生、そして大きなフケができていたり、ベタついたものなら、頭皮に問題のあるケースが多いので注意が必要です。

フケが大量に発生すると、頭皮がかゆくなったり、炎症を起こしたり、雑菌が大量に発生する温床になってしまうこともあります。

フケには種類があります

乾性ふけ

乾性フケには次のような特徴が見られます。当てはまる方は、頭皮の乾燥かもしれません。

(1)肩に落ちたフケが目立つ

乾性フケはサラサラとしているのが特徴です。脂性フケはベタついているため、特徴が異なります。

また、乾性フケは白く細かいフケです。

(2)念入りにシャンプーしても改善しない

フケが気になるとどうしてもシャンプーの回数を増やしたり、ゴシゴシと洗ってしまいがちですが、逆に頭皮の乾燥を招いて、フケがでやすくなってしまいます。

また、過剰な刺激によって、正常なターンオーバーを乱すことにもなります。

脂性フケ

脂性フケには次のような特徴が見られます。

(1)大き目のフケで、髪や頭皮にくっつきやすい

皮脂とフケが混ざり合いベタついたフケが特徴です。頭皮もベタついている事が多いです。

(2)頭皮にかゆみがあったり、赤みがある

脂漏性皮膚炎などで、炎症を起こしている事があります。

フケの原因

乾性フケの原因

フケにはマイナスイメージがあるので、フケが気になるとつい念入りに頭を洗ってしまう方が多いのですが、実は乾性フケの場合には逆効果になってしまいます。

あまり念入りに洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまったり、頭皮の角質層にダメージを与え、頭皮が本来持っているバリア機能や水分保持力が低下してしまうからです。

皮脂のイメージとして、

『ベタつく原因じゃないの!?』とか、

『毛穴に詰まるとダメって聞くけど』

という事があるかもしれませんが、健康な頭皮を保つためには皮脂は不可欠です。

適切な皮脂の量によって頭皮は保護されているのです。

脂性フケの原因

洗い過ぎはすでに述べた様によくありませんが、洗わない、洗いきれないのも問題です。

しっかり洗っているようで、ネ―プ(後頭部から首の上)などは、洗い残しがあったり、シャンプーの泡がきちんと頭皮についていなかったりすると、皮脂は結構溜まっているものです。

そして、炎症が引き起こされていく場合もあります。

また、過剰なシャンプーによって頭皮が乾燥しすぎてしまうと、逆に皮脂が過剰分泌されてしまうこともあります。

頭皮の皮脂が過剰に溜まり、頭皮にいる細菌(真菌など)が、頭皮に炎症を起こすこともあります。

そして、炎症が起きた頭皮を治すために、皮膚の代謝が早くなりフケが出てきます。

また、脂漏性皮膚炎になっている場合もあります。

脂漏性皮膚炎は

遺伝や環境要因

精神的ストレス

お肌の常在菌「マラセチア」というカビの一種によって引き起こされる

などの影響でおこることがあります。

フケの対策と予防

乾性フケや予防のためには何よりもまず頭皮環境を整えることです。

必要以上に皮脂を除去しない

頭皮に過剰な刺激を与えない

頭皮に合わないシャンプーの使用を控える

頭皮の保湿、潤いを保つ

などを意識して頂くと良いです。

 

脂性フケの場合も余分な皮脂を取り除き、頭皮環境を整えることで、改善される方は大勢います。

また、

脂っこい食べ物に偏らない

ストレスオフできる環境、規則正しい生活

症状に合ったシャンプーの使用

皮脂の取り過ぎの場合は過剰にシャンプーしない

などを意識して頂くと良いです。

脂漏性皮膚炎のひどい場合は、一度皮膚科にご相談されると良いかもしれません。

その上で、症状が落ち着いたら頭皮環境を整えていきましょう。

 

自分でケアの難しい方は、いつでもご相談ください。

あなたにあったシャンプーの選定

保湿と潤いを与えてくれる頭皮用美容液

頭皮環境を整えるためのヘッドスパ

などお役にたてる手段があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

既に症状を感じている方は早めの対策を。

そして、今は無自覚でも、実際には7割近い方が何らかの頭皮トラブルを抱えているといわれています。

『もしかして』

と思い当たることがあれば遠慮なくご相談ください。

また、KaLeスタッフは出来る限りお手伝いをさせていただきますが、やはり、頭皮環境を整えるためには、日々のホームケアが非常に大切です。

そのためにも

正しいシャンプー法

適切なシャンプーの使用

睡眠をしっかりとる

ストレスを溜めない

食生活に偏りをつくらない

を意識して毎日を送っていただければ幸いです。

KaLelog予約

 

 

この記事が気にいったら『 いいね』してね♥
いいね!しよう

Twitter で

あなたの応援で育ててくださいね

コメントを残す

*