『秋は頭皮と髪の一大事!』頭皮や髪のトラブルと対処法 | kaLelog
可児市美容院KaLeのサイトです。お会いできるのを楽しみにしております。
可児市美容院KaLeのブログ【KaLelog】にようこそ!

健やかな頭皮と髪を育み、素敵な日々をすごしてみませんか!
あなたの気になる美容知識を手に入れ、10年後の『美しさ』をめざしましょう。

美容院KaLeのホームページはこちらから

『秋は頭皮と髪の一大事!』頭皮や髪のトラブルと対処法

秋は頭皮と髪の一大事!』頭皮や髪のトラブルと対処法未分類
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

『最近髪が薄くなってきたかも』

『白髪が出てきた』

『ハリやボリュームがなくなってきた』

『頭カユミが止まらない』

と悩んでいませんか?

でもそれ毎年この時期に思っていません?

人間誰もが齢をとります。

でもなんでも齢のせいにせず、

季節柄

を考えてみませんか!

スポンサーリンク

秋はトラブル製造時期

秋に出やすい悩みは

夏に受けた影響のせい

急に乾燥が激しくなるせい

かもしれません。

夏の生活に思い当たることありませんか?

紫外線をふんだんに浴びた

プールによく入った

冷たいものばかり飲食した

汗をかいたのでシャンプーが増えた

スッキリしたいので頭ゴシゴシ洗った

また

最近天候が良いので外出が多かった

涼しくはなったけど室内ではまだ冷房かけてる

相変わらず汗かくのでシャンプーをよくする

などなど。

これらは全部

お肌が乾燥する乾燥させてしまう

要因になります。

いくつあてはまりますか?

複数当てはまる人多いと思います。


誰でもあてはまるからいいや!

と思っていませんか。

あなたのお肌に影響があることです。

トラブルでてしまうと悩みますよ。

それも長引くか永遠の悩みになるものも。


そうならないために、

日々の予防とケア

が大切です。

大切なのでもう一度

日々の予防とケア

です。
なんだか大変そうと思うかもしれませんが簡単です。

『乾燥させない』

を意識して実行すれば大丈夫です。

頭皮を乾燥させないとは

夏場は紫外線対策や汗対策もありますが、

秋に取り組む頭皮を乾燥させない方法とは

ずばり

シャンプーの仕方と保水・保湿

です。

まだまだ汗かきやすい人は

汗対策

も必要ですが、

これからの季節は乾燥対策

メインで良いかと。

シャンプーの仕方

シャンプーの仕方自体がよくわからない方は

こちらをまず読んでみてください。

きっと

『そうなの!?』

ということがあると思います。

まず確認ですが

あなたの頭は泥のついたジャガイモですか?

焼肉食べた後のお皿ですか?

戦前のように月に一度しかシャンプーしませんか?

ジャガイモだからゴシゴシ洗う

頭皮が脂だらけだから食器洗剤で洗う

方は頑張りましょう。

しかし、

そんなわけないですよね!!

整髪料を使用していると落ちにくいですが、

頭皮にそこまで脂ってことはありません。

一日汗かいたぐらいでそこまでは溜まりません。

シャンプー剤は

キチンと頭皮についてれば効果を発揮してくれます。

『毛穴が詰まるって聞くけど』

と聞くことがあるかもしれません。

確かに100%は難しく、

そのため定期的なヘッドスパ

おすすめしますが、

日々のケアは

優しく隅々まで

が基本です。

予洗いをしっかりする

指の腹を使って優しくマッサージする

しっかりと泡立てて頭皮の隅々までつける

念入りに流す

この4点を守って頂けば十分です。

でも物足りない。

と言う人もいますが、我慢は1週間です。

その後はむしろ良さを感じられます。

なぜ優しくなのか。

理由は

必要以上に角質(皮膚表面)を剥がさない。

皮脂を取り過ぎない

余分なものを残さない

ためです。

必要以上に角質(皮膚表面)を剥がさない。

言うまでもなく、余分な皮膚はとってはいけません。

皮膚というと大げさですが、

フケになるもの

と言えばおわかりいただけるかも。

爪があったり、強く擦ると

まだ皮膚に残るべき皮膚(角質)まで

取ることになります。

するとそこからどんどん剥がれてしまいます。

傷んだ皮膚は正常なターンオーバーができません。

ターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のことです。

代謝が乱れると様々な皮膚トラブルが起きやすくなります。

ベースとなる皮膚を健やかに保つため

優しくシャンプーを。

皮脂を取り過ぎない

乾燥を防がなければならない頭皮から

皮脂を奪い去る

言うまでもなく間違いです。

お肌に必要な皮脂以外は取ります。

毛穴を詰まらせるほどの皮脂もいりません。

しかし、皮脂は決して悪者ではありません。

むしろあなたを守っているものです。

まずはなぜ皮脂が必要なのか学んでみましょう。

適度な皮脂が保水もしてくれているのです。

保水も保湿もどちらも大切です。

そのためにも適度な皮脂を維持する

優しさ

が大切です。

余分なものを残さない

自分ではきちんと洗い流しているつもりでも

実際には洗えていない

事が多々あります。

シャンプー剤をきちんと手で泡立てていますか?

シャンプー剤はそのままつけると

意外と泡立たないし、そのまま地肌に残ります。

残ったままだと

刺激になる

皮膚炎起こすことも

乾燥しすぎます

ということが起こります。

また、髪の長い方や毛量が多い方は

頭の後ろや下の方を洗えていない

方がとても多いです。

しっかりシャンプーしているようで、

実は全然洗えていない

なんてことの無いようにしましょう。

大切な頭皮です。

いたわりと優しさ

をもって接しましょう。

保水と保湿はしっかりと

夏の影響や乾燥した空気、冷暖房により秋は

乾燥してしまいがち

になってしまいます。

紫外線や冷房、汗など夏の悪影響を防ぐのは

難しいものです。

そのため秋になってから

諸症状

を感じられる人が増えます。

具体的には

薄毛抜け毛うねり細毛など。

エイジングのせいもありますが、

加速させるのは乾燥です。

自然分泌で足りない場合は

化粧水や美容液

が必要です。

今まで大丈夫でも

年齢を重ねると分泌は減ります。

特に男性は

皮脂は多いが、水分は少ない

ので、ベタベタしているだけで

内部は乾燥が酷くなりがちです。

保水と保湿

はしっかりと取り組みましょう。

頭皮のケア忘れたら顔も絶対ケアしない!

ぐらいの意気込みで取り組みましょう。

頭皮ケアは継続すればするほど実感できます

化粧水や美容液をつけ

染み渡る感

もとても気持ち良いですが、

やはり継続に意味があります。

薄毛抜け毛うねり細毛

などのケアには

3カ月から半年

は期間をみていただきたいです。

頭皮は日々実感がありますが、

髪には周期があるので、生えてる髪だけでなく

これから生えてくる髪を育てる

事が重要になります。

特にウブ毛は周期が短いため早く抜けてしまいますが、

太くすることで、今までのような周期を取り戻せるかもしれません。

失われたものを再生は現時点では難しいですが、

ウブ毛を太くし周期を長くする

効果を期待したいものです。

髪が丈夫になってくると

うねりも改善されます。

少々長く感じるかもしれませんが、

効果を感じると気分も晴れ、

より自分らしくそして充実した生活

をおくれます。

是非継続して素敵な日々を送ってください。

スポンサーリンク
頭皮と髪のケアは可児市美容院KaLe
可児市美容院KaLe

可児市美容院KaLe-カレ-はお客様の大切な髪・頭皮・心・あなたらしさを素敵に維持、そしてより良い状態になれるよう全力でお手伝いさせていただきます。

私たちはまず、お客様とのカウンセリングを通してお客様の頭皮・髪・ご要望を把握し、プロとして適切なアドバイスをさせてもらったのち、お客様のスタイル、オススメのメニュを提案させていただきます。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
友達にもつたえとこっと!
kaLelog

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

トップへ戻る