小学生の髪型に大人気な2ブロック。理由と美容師の意見 | kaLelog
可児市美容院KaLeのサイトです。お会いできるのを楽しみにしております。
可児市美容院KaLeのブログ【KaLelog】にようこそ!

健やかな頭皮と髪を育み、素敵な日々をすごしてみませんか!
あなたの気になる美容知識を手に入れ、10年後の『美しさ』をめざしましょう。

美容院KaLeのホームページはこちらから

小学生の髪型に大人気な2ブロック。理由と美容師の意見

小学生の髪型に大人気な2ブロック。理由と美容師の意見雑記
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

最近何かと話題な2ブロック。

お店に来てくれる小学生やその親御さんにも、2ブロックや2ブロックも入れたアシンメトリーな髪型も大人気です。

なぜこんなに2ブロックが人気か、小学生の意見やパパやママの意見をまとめてみました。

また、小学生の子を持つ美容師としての意見もまとめました。

スポンサーリンク

2ブロックはなぜ人気があるの?

小学生の意見

まずは単純に

『カッコイー』

からです。

これは、単純にカッコ良いと思っているからだけではなく、結構考えがきちんとあるようです。

1.カッコ良いと思う芸能人がしてるから

これは特に高学年の子や、ママが好きな芸能人がしてるからという子が多いです。

これは大人だってありますよね。

カッコ良いと思う対象がしていること、ライフスタイルでいえばヨガなどしてみたくなることや、身につけているものを真似してみたくなることは、誰でも経験あると思います。

まして、大好きなママが好きな芸能人をいつも一緒にみていたらしてみたくなりますよね。

高学年にもなると恥ずかしくってそんなこといいませんが、話聞いていると

「影響あるな」

って思います。

2.周りの子と一緒、でもちょっと違う個性を出したい

小学生は低学年でもしっかりと自分をもっています。

すぐ周りに流されているように見えますが、それも自分の友達という集団に属し、それがクラス内での個となり、自分の個になっています。

(集団は個ではないですが、みかんだと仮定してください。ミカン箱=クラス、ミカン一個=仲良しグループ、ミカン(集団は個ではないですが、みかんだと仮定してください。ミカン箱=クラス、ミカン一個=仲良しグループ、ミカン一粒=個人)

仲良しな友達と一緒が嬉しいもあれば、その子にカッコ良いと思われたいもあると思います。

こんな個性素敵だと思いません?

「いつまでも子供っぽくて!」

じゃなく、アイデンティティーを構築し、集団の中で個が芽生えているんですよ!

3.坊主は嫌だけど、カッコ良いのはいい

家でパパママに坊主にされるのはどうしても嫌。

でも短い髪型は好きだから、カッコ良く短くしたい子は結構います。

学校で坊主をからかう子もチラホラ聞きます。

だから坊主は嫌なんです。

ママの言う短めソフトモヒカンも坊主と一緒だと考えている子もいます。

そんな時は刈り上げソフトモヒカンに2ブロック要素を入れればバッチリです。

パパママの意見

1、好きな芸能人、ママの大好きなパパの髪型

これは子供の意見とよく似ています。

やはり、世界で一番可愛いわが子には憧れの芸能人というのはよくわかります。

可愛くて仕方ないですもんね。

ママの大好きなパパは

「???」

と思われるかもしれませんね。

でもママは一度も男の子したことないので、よくわからないんです。

だから

「パパに似たような2ブロックを!」

となります。

これを否定する子はいませんね。

(絶対とは言えないので、パパは頑張ってイメージアップしてくださいね。)

2、あまりショートスタイルは好きじゃないけどスッキリはさせたい

意外とそう思うママはいます。

清潔なお坊ちゃんイメージの子ってテレビで見ていてもサラリと流れる髪が多いですよね。

でも小学生にもなると夏は汗だくです。

そんな時には、耳上と後を刈り上げた2ブロックは正に良いとこどりです。

3、マスクしてると子供が嫌がるから

これは大人でも気にしてる方多いです。

いちいち髪を避けてマスクのゴムかけるのってしにくいですよね。

髪が顔にまとわりついているのを、見ていても気になります。

耳周りをスッキリとだせる2ブロックはマスクをする時には、とても快適だと思います。

4、眼鏡をするのに大変だから

こちらも同じような理由ですね。

眼鏡のフレームって髪の上にのると、顔の周りの髪を圧迫して、すごく気になるものです。

また、顔周りで髪が固定されてしまうので、気になるし、避けると眼鏡がずれてしまうこともあります。

美容師として思うこと

私個人として2ブロックに対して思うこと。

小学生にはもってこいですよ。

理由は、先にも書いた本人や親さんの意見がごもっともだと思いますが、それ以外にもおすすめする理由があります。

1、暑いんです

夏以外でも、お子さんの髪がベタベタで

「雨でも降ったか、水遊びでもしたのかしら?」

と思うことがあると思います。

特に、長い登下校の道のり、背中は革のランドセルに覆われ、重い水筒ぶら下げ、マスクをして歩く。

遠い子だと片道1時間以上も歩くのです。

汗をかくのも当然ですよね。

この様な過酷な環境で過ごす子供たちにはサイドをスッキリして後もサッパリすると、多少なりとも快適に過ごすことができると思いますよ。

2、頭皮のニオイを減らすことができます

パパやママがしっかりとシャンプーしてあげればよいですが、自分でシャンプーしていると頭の上の方ばかり洗って、サイドやバックはあまり洗っていないのでは!?

サイドやバックは、毛量も多くただでさえ汗や皮脂が残りやすいところです。

サッパリすることで、シャワーのお湯やシャンプー剤が流れていくだけでも汚れや皮脂を洗い流してくれます。

子供の頭皮や髪のニオイが好きだというママもいますが、万人受けするニオイでもありません。

ママが好きでも、クラスの子にクサいと言われてしまうとつらいかもしれませんね。

ニオイを発しやすい部分をスッキリとすることで、ニオイ低減になります。

3、小学校によっては刈り上げ込みのソフトモヒカンでも『坊主!』とからかわれることがあり、本人はとても気にしています。

これはちょっと残念な事実ですが、結構よく聞く話です。

短くして欲しい親さんの気持ちはよくわかりますが、子供たちの学校という社会ではベリーショートを

『坊主!』

と呼ぶことがあります。

決して単にわがままを言っているのではなく、普段学校で言われて、相当気にしたり、傷ついています。

どうしても一度誰かが言うと、その後周りの子も言うようになることが多々あります。

言っている子はなんとなく言っているだけかもしれませんが、継続すると、大げさではなくいじめの様な感じになります。

小さな引き金かもしれませんが、自信を無くしたり、学校が嫌になる原因にもなります。

そこで、良く提案するのですが、通常通りの刈り上げソフトモヒカンスタイルのサイドに、さらに短い長さのバリカンで、

『色彩2ブロック』

をいれてあげると、元気よく納得してくれる子は多いです。

本人も

「カッコイー」

と思えば、満足もあるし、周りも同じように思ったり、例え坊主と言われても、堂々と

「2ブロックだ」

と言えます。

色彩2ブロックは数日間の違いですが、この差はとても大きなものです。

もしも親さんが短いスタイルがお好みで子供さんが嫌がったら、まずは、

なぜか聞いてあげてちょっと心に寄り添い

色彩2ブロックの画像を探して見せてあげてください

意外と納得を得られるかもしれません。

坊主とからかわれる可能性がなくなり、自信をもって学校に行ってくれたら幸せですね。

4、自分の意思を持ち、アイデンティティーの確立になります。

大げさにおもわれるかもしれませんが、小学生でもしっかりと自分の考えを持っています。

ただ単に短くするのが嫌なのではなく、

なりたい自分に対する自己主張

でもあります。

単純な思い付きかもしれませんが、なぜ希望のスタイルにしたいか聞くと、結構しっかりと返ってきます。

また、髪型自体ではなく、ママがいつも決めてしまうのが嫌だという子もいます。

無意識に子供の意見を奪ってしまっているかもしれませんね。

こんなところから小さな

アイデンティティーの確立

につながっていくかもしれません。

流行り次第なので、一概に2ブロックというわけではないですが、今は望んでいる子が多いと思います。

2ブロック=ガッツリワイルドに

ではありません。

サイドをガッツリとるだけではなく、ほんのりと差をつけるだけであったり、もみあげだけであったりと、ソフトな2ブロックもできます。

子供さんの意見も聞き入れながら、ママの希望にも応える。

とっても素敵な関係が親子で気づけると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

小学生だから適当に短くではなく、本人の意見や取り巻く環境を是非とも考慮にいれてあげてくださいね。

たかが2ブロックスタイルではなく、

自己主張をする方法のひとつ

アイデンティティー確立のひとつ

として、捉えてあげてください。

もしかしたら、素敵な親子の会話と総合理解がうまれるかもしれませんよ。

また、学校での友人との関係もわかるかもしれません。

わからないことは美容師に聞いてみましょう。

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

トップへ戻る