髪を伸ばしたいから切らない!でも毛先は気にしてください。 | kaLelog
可児市美容院KaLeのサイトです。お会いできるのを楽しみにしております。
可児市美容院KaLeのブログ【KaLelog】にようこそ!

健やかな頭皮と髪を育み、素敵な日々をすごしてみませんか!
あなたの気になる美容知識を手に入れ、10年後の『美しさ』をめざしましょう。

美容院KaLeのホームページはこちらから

髪を伸ばしたいから切らない!でも毛先は気にしてください。

髪を伸ばしたいから切らない!でも毛先は気にしてください。頭皮と髪のケア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

『髪を伸ばしたいから切らない』

よく聞く言葉です。

女性の方でロング志望の方、かきわけるヘアスタイルに憧れる方は多いと思います。

確かにロングヘアは魅力的なスタイルですが、艶やかな髪がキープされてこそのスタイルだと思います。

そこで、今回は美しいロングヘアのキープの仕方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

あなたの毛先は大丈夫!?

シャンプーや、その後にブラッシングする時、毛先が絡まることはないですか!?

また、鏡を見た時、髪に艶がないと感じることはありませんか!?

この様な事を感じる場合、毛先は相当傷んでいます。

毛先が枝毛になっていたり、キューティクルが剥がれていたりけばだっていると思われます。

毛先が傷んでいるとどうなるの!?

枝毛

こちらの画像は毛先が枝毛になってしまった状態です。

見て頂ければ一目瞭然ですが、髪が真ん中で裂けてしまっています。

このまま放置すると裂け目がどんどん伸びてしまい、いずれは片方が剥がれ落ちてしまったり、細くなりすぎてブラッシングなどで両方きれてしまいます。

残念なことですが、この様な状態の髪は、トリートメントなどでコーティングすることはできても、元の状態には戻りません。

つまり、このまま髪を伸ばしてもイメージとしては“毛がひっついてるだけ”の状態です。

このように裂けてしまった髪は、ブローしても治まらず、乾燥してパサパサとなり散ってしまいます。

さらに、裂けて細くなった髪はいずれ切れてしまい、このまま全体を伸ばしていっても、まだらな伸びのヘアスタイルになってしまいます。

キューティクルが傷んだ髪

こちらはキューティクルが傷んでしまった髪です。

このようになってしまうと髪に艶は生まれません。

またうろこ状の所が剥がれてしまい、いずれは“ひっついているだけ”の髪になってしまいます。

髪を伸ばしていくにはどうすれば良いの!?

1.既に相当な枝毛がある場合

残念に思うかもしれませんが、一度毛先を切ることをお勧めします。

このまま伸ばしていってもまだらなスタイルになったり、艶や潤いの感じられないヘアスタイルになってしまいます。

パサついて広がってしまっては、せっかくのロングスタイルが野暮ったく見えてしまいます。

一度綺麗に整え、さらなる枝毛を作りにくい状態にしてから、

『艶や潤いのある素敵なロングヘア』

を目指していきましょう。

毛先のメンテナンスをするかしないかで、数か月後には明らかな違いが現れてきます。

2.多少の傷みは感じられるがひどくはない場合

トリミング(ヘアスタイルの表面に出てくる髪を目立たなくする方法)をして、今後傷みを出来る限り作らないようにしていきましょう。

傷みを増やさない方法として、

適切なシャンプー

ドライヤーの正しい使用法

トリートメントなどできちんと保護する

など日々の意識が大切になります。

シャンプーについてはこちらを参考にしてみてください

まとめ

いかがでしたか。

憧れのロングスタイルを艶と潤いをキープしながら手に入れましょうね。

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

トップへ戻る