頭皮の色って何?頭皮の色で見る症状 | kaLelog
可児市美容院KaLeのサイトです。お会いできるのを楽しみにしております。
可児市美容院KaLeのブログ【KaLelog】にようこそ!

健やかな頭皮と髪を育み、素敵な日々をすごしてみませんか!
あなたの気になる美容知識を手に入れ、10年後の『美しさ』をめざしましょう。

美容院KaLeのホームページはこちらから

頭皮の色って何?頭皮の色で見る症状

頭皮と髪のケア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

頭皮に色があるのはご存じですか?

頭皮の色は、日焼けなどで変わるのではなく、頭皮や体の健康のバロメーターになっています。

頭皮にはたくさんの毛細血管があります。

頭皮が健やかに保たれ、血流が多いほど頭皮の細胞へ栄養分が多く運ばれ、髪にハリやコシ、潤いを与えてくれます。

しかし、頭皮への血流が滞ると、頭皮の色に変化が現れてきます。

頭皮の色を正しく理解し、健やかな頭皮、美髪を目指しましょう。

スポンサーリンク

健康な頭皮の色は?

健康な頭皮は、透明感のある青白い色をしています。このような色をした頭皮は、毛穴にすっきりとした空洞が空いており、毛穴に皮脂が詰まっていることもありません。

もっとも理想的な頭皮の色で、頭皮の表面もプルンとしてキメが整っていてツヤがあります。

不健康な頭皮の色

頭皮にトラブルがあったり、体調が良くないと頭皮の色に現れます。

頭皮の色が、白またはピンク色

頭皮が乾燥気味の状態です。頭皮にツヤがなく、角質がはがれている場合が多くみられます。原因は、季節要因のほか、シャンプーが頭皮に合わず、頭皮に必要な皮脂まで奪われているかもしれません。

頭皮が乾燥したままだと、乾燥を防ぐため皮脂が過剰に分泌されてしまう場合もあります。頭皮の乾燥は、フケやかゆみだけでなく、様々な頭皮トラブルを引き起こす可能性もあります。

正しいケアをして保湿を心がけましょう。

 頭皮の色が赤い

頭皮の毛細血管が収縮し、血行が悪くなっている状態です。部分的に赤くなっている場合は、頭皮が炎症を起こしていることも。原因としては、喫煙やストレス、生活習慣の乱れなどがあげられます。また、夏場などは日焼けによって頭皮が赤くなってしまうこともあります。

炎症がひどくなると、なかなか完治しません。

気づいた時には、早めの対処を心掛けましょう。

頭皮の色が黄色、または茶色

頭皮に酸化した皮脂が溜まっている(過酸化脂質)状態で、ベタつきやニオイ、炎症などの様々な頭皮トラブルが起こりやすくなります。酸化した皮脂が正常な血行促進の妨げになり、毛根に必要な栄養が行き届かなくなるため、髪の成長にも大きなダメージを与えます

頭皮の色を見る前に、何かの症状を感じられているかもしれません。

少しでも違和感を感じたらご相談ください。

不健康な頭皮の色だと起こる症状

薄毛や抜け毛に

頭皮の色が正常でない場合、新陳代謝が悪くなったり、血行が悪くなっています。
その結果、皮膚の細胞が正常な活動ができず、その状態が長く続いてしまうと角質汚れが溜まったりして頭皮が硬くなったり炎症を引き起こします。
その結果、フケやかゆみなどが出てくるようになり、また、皮脂と混ざるといった負の連鎖が起こり、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。

髪のうねりやパサつき、細毛に

頭皮にトラブルがあると、「髪がパサパサする」「髪のボリュームが減る」「髪にうねりがでる」などのトラブルが起きやすくなってしまいます。

まとめ

美髪は、健やかな頭皮があってこそです。
そのため頭皮環境を良くすれば、美しい髪が手に入ります。

しかし逆に言うと、頭皮の環境が悪いとどんなに髪の表面をケアしていても美しい髪は育ちにくくなります。

また、頭皮の血行促進することで老廃物などを皮膚の外に排出することができ、新陳代謝が活発になり、凝りや痛みの原因を解決することができます。

つまり、健やかな頭皮環境を維持することで、アンチエイジング効果が期待できます。また、血行促進が促されることで頭皮のたるみが改善され、顔のシワ予防もできてしまいます。

頭皮環境をよくすることは肌のしわ予防にもなるのです。

頭皮の色を確認しながら、健やかな頭皮と美髪を育てていきましょう。

定期的なヘッドスパがあなたをサポートしてくれます。

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

トップへ戻る